中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

小4 11月

早くも年末。

10月末はいろいろバタバタした上に、娘の態度の悪さ、受験言い出しっぺのダンナの非協力加減に腹が立ち、何もかもが嫌になった。

ママは受験から降ります。あとはそちらでどうするか考えてください。

と宣言し、1週間ほどしたところでダンナが娘と話をした。荒れている娘は宿題やりたくないから塾を辞めます、と。拍子抜けしたが、それはそれでいい。ダンナもわかった、と。塾に連絡しようかと言うと、ダンナはもう少し待って様子をみたいというので保留。

とにかく娘は常にイライラ。気が立ったお猿さんのようにキーキー言って話もできない。こんな嫌な子じゃなかったはず。そんなにプレッシャーを感じていたのだろうか。娘のイライラに巻き込まれて家族それぞれもなんとなくイライラ。どうしてこんなになってしまったのだろう。こんなことなら中学受験はとっとと辞めて、また元どおりに楽しくダラダラと過ごそうではないか。中学受験を辞めたからといって、これまでやってきたことは決して無駄にはならないし、また高校受験に活かせばいい。いい経験させてもらったと思おうと自分に言い聞かせた。そう考えると娘も8ヶ月よくがんばったではないかと思える。

翌日、夕飯時、塾を辞めることを一緒に通うクラスメイトに話をしたのかと娘に聞いてみた。「うん、話したよ、やめるかもしれないと言ったらやめないでって言われた」とのこと。…やめるかもしれない、ってどういうことかと思ったがふーん、と流して話していると、「お友達と一緒にあの学校に行きたかったのになぁ…」と。文化祭に行って娘が気に入った学校をお友達と志望校にしていたらしい。どえらいトップ校だけど。何をいまさらと思いながらも、そうだね〜と話を合わせる。娘、「ママ、やっぱり受験したいって言ったらダメ?」と。おっとどうした…まさかの展開にびっくりしたができるだけ冷静に、まだ塾に連絡してないから明後日塾に行けばそのまま今まで通りだけど?と言ったら、「行く!やっぱり私受験したい!お友達と一緒にあの学校に行けるように明日からまた頑張る!だから、ママにも応援してほしい」と娘。どうしちゃったんだ?本気か?と心の中ではワチャワチャしたがそれをグッとこらえ…わかったけどイライラしたり辞めたいとかやりたいとかコロコロ変わったりするのはやめてほしい、やるなら本気でやってほしい、それならママも応援すると伝えた。「わかった!がんばる!」と娘。

おいおい、この1週間半のやり取りはなんだったんだと思う反面…この予想外の展開は、正直なところとてつもなく嬉しかった。

やはり中学受験は親のエゴだと思う。いくら子供の将来のためを思ってとは言え、間違いなく無理を強いているのだ。娘は宿題に追われる毎日に伴わない成績…辞めると言った。生まれてこの方初めて味わう挫折、初めての人生の岐路の選択なんだと思うが、そこから娘は自分からやりたいと言ってくれた。そんな大袈裟な考えではないのだと思うが、このことが何よりも嬉しかった。私も娘のためと思ってやってきたが、いろいろとはき違えていたことに気づかされた。親のエゴだけど、やっぱり娘の人生なのだということを教えられた。一度辞めると覚悟してよかったのかもしれない。

うちでのあるあるなのだが、こんな時にダンナは飲み会で不在。

11月。申し込んでいた学校説明会5校のうち2校ダンナに行ってもらった。YTを勧められるとわかっていたので塾の保護者会にも行ってもらった。こちらも教訓。ダンナにガンガン行ってもらえばいいんだ、ということに気がついた。私の行きたいとこだけ私が行って、それ以外のポイントのところは行ってもらうことにした。私から又聞きするより直接聞いてもらった方が耳に入りやすいだろうし、私のいらぬ先入観なしで冷静に判断してくれそうだ。

文化祭に行った中では娘は一校目、私は二校目が魅力的に感じた。その後の説明会に参加してみると、学費やその他を考えると娘の希望する学校が私の中でも一番になった。見る目あるじゃないの。

そんな娘の組分け結果。 偏差値で。

 国語50 算数49 理科50 社会59

ようやくトータルの偏差値が50を超えた。娘もとても喜んで帰ってきた。私もダンナもすごい!と大げさに褒めながら、ホッと胸をなでおろす。先月偏差値を意識しすぎたことを後悔したものの時すでに遅し…なんとか偏差値50に乗ってくれれば、調子に乗っちゃう娘のモチベーションもうなぎ登りなのに…と話していたのだ。自慢気な娘をすぐに、調子にのるなよ〜と諌めるダンナ。いやいや、ここは調子に乗せていいだろう。そういうのやめて素直に喜ぼうと進言。調子に乗るのは悪くないこと、バチなんて当たらない、調子に乗り続ければいい、となんかの本で読んだ。

とりあえず年度末までの目標にしていた偏差値50をクリアした。本来お調子者の娘もいよいよ本領発揮のはず。とりあえず私も少し気楽に見守りたいと思う。

小4 10月

9月、10月は運動会やら学校行事の多い時期。

相変わらず、塾の宿題で手いっぱいの娘。

マネージャーとして娘をサポートするためにとりあえずコーチングの本を読んだ。さらに、もっと塾の宿題の内容の把握とペース配分を掴みたいと思い、一週間の宿題ノートを作った。

このノートがなかなか良くできた。というのも、スケジュール帳を見てみたが手頃なものが見つからず…しかも、いつ放り出すかわからないので予算をかけたくない…こともあり、100均で探し出した健康管理ノートなるものを使って自分で作ってみた。血圧や脈拍を測定して記入するためのノートらしいが、左に時間の流れ、右に1日ごとのメモが書けるようになっており、見開きで一週間になっている。そのノートの左ページに一週間のタイムスケジュールと反省欄を設け、右ページ左半分に学校の宿題、右半分に塾の宿題を記入。やったことは色鉛筆で塗りつぶしていくというスタイルにした。娘もなかなかの食いつき。

とりあえず、慣れるまでは私が予定や宿題を記入して娘がやったところを色塗りすることにしていくことにした。キリがいいので10月1日からスタート。

予想通りなかなかの使い勝手。やるべきことと、残っているものが一目瞭然。娘がどれを毛嫌いしているのかもよくわかった。これはなかなかいいぞ。

f:id:ikuko1953wata:20171020164607j:image 

 10月は学校説明会の申込みや文化祭の時期でもある。ひととおり事前に確認したつもりだったが、一校行きたかった学校の文化祭が事前予約が必要だったのを見逃していた。残念。その後の説明会の申込みに力が入ってしまう。

そんな時期の組分けテストは文化祭を見学した足で受けに行く。なので久々に私が付き添い。本人はいつもより解けたと得意気。

結果。偏差値。

算数 45 国語 44 理科 58 社会 48

国語はまさかのだだ下がりしたものの他教科は全て前回のテストより30点以上点数が取れており、苦手な算数もようやく100点に乗った。偏差値は少し良くなった程度ではあるが、点数的には今までで一番取れているし、悪くないぞ!と思っていた。

結果を何度も見返している娘。なんとなく気にしてる様子。そんなことより、早く宿題に取りかかれ…と促すもいつも以上に不機嫌。

 

クローバーセミナー。

講演内容は『モチベーションコントロールとメンタルケア』という、まさにドンピシャの内容。今回もあっという間だった。

その翌日。学校の宿題を機嫌よく終え、塾の宿題に取り掛かった娘が途端にトーンダウン。前日の分も遅れていたせいかイライラし出し、もうやりたくない!と泣き出した。やってもやっても終わらない!塾なんか行きたいって言わなきゃよかった!と。

うわ、出た!まさにセミナーで聞いて来たやつだ!と妙に冷静な自分がいた。わんわん泣きながら、文句を言ってる娘にいくつか質問してみる…あ、やっぱりそうだ、先生がまさに例に出して話してたやつだ!と思った。高学年になると反抗期に入る、何に反抗するかというと、こうなりたいという自分のイメージになれてない自分自身へのストレスで反抗する、と。

とりあえず、娘の言い分に同調し、落ち着かせて一緒にお風呂に入る。話を聞いてみるとやっぱりそうだった。自分なりに頑張ってやってきたのに、偏差値が全く上がってなかった。算数も100点越えたのに偏差値が50にいかなかった…と。こんなことなら合格できるかわからない。それなら中学受験する意味がないと。

娘はダンナとも年度末には偏差値50を目指そうと目標にして来た。娘としてはがんばったのに、結果が出ないことが納得いってなかったらしい。だから何度もテスト結果をうんともすんともない顔で見返していたのだ。

夏期講習を終えると偏差値に変動があると保護者会でも聞いたところだった。まさかこんなに色濃く娘に反映し、娘がここまで受験を、偏差値を意識しているとは予想外だった。

これは完全にこちらのマネージメントミスだった。偏差値に意識が向き過ぎていた。私とダンナが娘の成績の判断ができずにとりあえず偏差値を指標にやるしかなかったのだが、偏差値の前にしっかり点数をとっていくことを娘にはわからせなければいけなかったのだ。

娘に確認すると、やはり本心では塾を受験をやめたくはないらしい。なんとか続けるという言葉を聞き、その日は寝かせる。

翌日は途中になった宿題を持っていつも通りお友達と塾へ出かけていった。

コーチングの本を読んでおいたこと、そして、今回のクローバーセミナーに参加できたことがなんとか功を奏した。やはりマネージャーとしてもっと勉強しておかなくては、と改めて思った。

偏差値より点数。できたところとできなかったところの把握。今まで何やってたんだ?と言われそうだが、ようやくそのスタートラインに立てた気がする。

小4 9月

夏休み明けの2日、早速組分けテストがあった。娘は思ったよりはできたかな、とのこと。

今回は郵送で結果だけ先に送られてきた。やはり…というより思った以上に悪い。

算数41、国語44、理科45、社会35

社会の偏差値…確か本人は手応えあり的なこと言っていたような。全体的に相変わらずものすごく悪い。ダンナは見るなりヒドイ、とひと言。基本、ま、いっかと流す性格の娘自身もこの結果には少しガッカリしている様子。

私はもちろん、この結果は…と思ったが、そんなことよりもっと本気で取り組まなくてはと思った。下克上受験のおかげか、落ち込んでる場合ではない、これからだと思った。

ところが、新学期に入れば入ったで夏休みのしわ寄せが来た。学校から帰り、学校の宿題と音読、次の日の学校の準備をしてから塾の宿題。途中夕食を取りまた塾の宿題の続き、寝る前にお風呂に入らせる…の毎日。

娘も私もイライラ。娘は4教科分の宿題がやってもやっても終わらないし、テレビが全く見れずにイライラ。私は宿題を監視しつづける上に、夕方のお弁当作りの時間配分がうまくいかずにイライラ。イライラとイライラのぶつかり合い。悪いスパイラル。本当に塾を一度辞めさせようかと思った。

そうこうしているうちに、そろそろ文化祭・学校説明会の申し込みの時期。行ってみたい学校をダンナに報告。ダンナはすべり止めと言われるところも幅広く見ておけば?とのこと。

私としては、今年は目標となるべきところだけに行きたい。目指す高みを見て、娘がどう感じるかを確認したい。とにかく受験するならここ!という学校を私自身も感じたい。甘いのかもしれないけど、夢みたっていいじゃないか。どうせ、申し込んで連れて行くのは私なんだし。

塾の日のお弁当作り、宿題のペース配分、娘のコンディションの把握…そうか、やっぱりマネージャーだ。

態度の悪い選手にいちいち腹を立ててる場合じゃない。なんとか選手がやる気になるよう仕向けなければ。

外野にガヤを言われてブレてる場合じゃない。選手の耳に悪い情報が届かないようにしなくては。

宿題終わらなくたっていいじゃないか。それよりもどれだけ身についたかではないか。もっと長いスパンを考えて育てなくては。

選手の可能性を信じてコントロールしていくしかない。マネージャーは試合には出れないのだから。

とりあえず、超難関校、数校を視察してこよう。

小4 8月

夏休みが終わった。今年の夏休みは春休みほど勉強したぞ!感がなかった。計画表もきちんとチェックできないまま過ぎてしまった。

終業式後、とりあえず学校の国語と算数のプリントを2日で終わらせる。なかなかの好ペース。

その後すぐに始まった前半夏期講習。この夏期講習から理社も受けさせていたが、思ったより難しそう。宿題をやるもほとんど空欄。今まで理社を受けてなかったのだから仕方ない、と答えを写して覚えるよう指示するも、娘はつまらなそう。とりあえずこなして毎日送り出し、なんとか乗り切る。

合宿を申し込まなかったので、8月頭に家族旅行を入れる。その後娘はピアノの発表会があったので、特に勉強しろとは言わずに過ごす。発表会も終わり、後半の塾に備え宿題をチェックしてみると…大量。しまった、きちんと宿題をチェックすべきだった…こんな時に限ってちょいちょい入る予定。終わらせないなら予定断るよ!と脅しながらやらせる。

後半夏期講習。相変わらず理社はひどい有様。でも授業は楽しいらしい。ここへきてなんとなく国語の宿題をさっと終わらせているように感じるのは気のせいか。他の教科もこのペースでやってくれればいいのに。

夏期講習後半も終了。新学期までの宿題もたんまり出たが、残っている学校の宿題を優先する。読書感想文、夏休み新聞、星座の観察、自由研究をつきっきりで終わらせる。ああ、こんなはずじゃなかったのに…。

ようやく図書館で予約していた『下克上受験』を手にする。半年待った。賛否両論あるようだが、読んでよかった。今の私に喝を入れてくれた気がする。やはり、中学受験は親のエゴなのだ。ただ、それを親のエゴで終わらせるか、子供が一緒にやる気になってくれるよう持ち込めるか、なんだということがわかった。

踊る阿呆に見る阿呆どうせ阿呆なら踊らにゃ損損。

この夏休みのやりきれなかった感を忘れずに、もっと積極的に向かいたいと思った。どうせ親のエゴに変わりはないんだから、とりあえず高みを目指してやれるだけやってみようと思う。

夏休みを2日残し、なんとか学校の宿題を完了。

容赦なく現実に戻してくれる2日のYT組分けテストに向けて&塾の新学期までの宿題にようやく取り掛かる。何からすべきかどこまですべきかを指示することにした。今までは娘に任せて、早くやれ!勉強しろ!とだけを言ってきたが、それは時間の無駄だとわかったし、そこのマネージメントは私がすべきだったと反省した。

娘よ、母は本気モードだぞ。お弁当も作らなきゃいけないんだから。踊らにゃ損。

小4 7月組分けテスト結果

7月は塾の行事がいろいろあった。

まずは7日、第2回クローバーセミナーに参加する。夏休みをどう過ごすかという内容だった。とにかく夏休みは楽しかった!充実していた!と実感させるようにとのこと。相変わらず、先生のお話はおもしろくて、説得力があり、あっという間だった。

娘が参加したかったと言っていたものの申し込まなかった合宿のカリキュラムも、なるほどと感心する内容だった。今年躊躇したことが悔やまれる。

 

15日は組分けテスト。本人はなかなかできたと帰ってくる。算数はさておき国語はまあまあだと。本当だろうか。

 

翌16日は個人面談。塾長面談とのことだったが希望者だけってかんじだったし、娘に受験は向いてないかも…と思っていたのでとくに申し込まずにいた。ところがハガキで面談日が送られてきた…行かないわけにはいかない模様。塾の先生と会うのは保護者会以来。個人的にちゃんと話すのは初めてなのでドキドキしながら塾へ。結構待たされたが、面談してくれたのは学年主任の先生だった。少しホッとした。

昨日の組分けの点数を見せられる。は?いつもと変わらないじゃないか。

先生曰く、うーん、算数のちゃんとできるべきところが回答してるものの合っていない…国語もじっくり考えて記入するところは飛ばしていると。言葉悪くいうと適当にやってるのかな、というところが出ている、と。

さすがだ。見抜かれてる…いや、そういうの出るんだと思った。塾に通い始めてからのこれまでの経緯を話す。今も惰性で通っている、と。

先生からは、夏休みに向けて中学受験についてじっくり話し合って、とりあえず目標を決めるようにとのこと。そうでないと、目標と現状の差の比較ができないので前に進めないと。おっしゃる通り。娘と再度きちんと向き合わなきゃな、と思っていた。

 娘と中学受験について話し合う。再度、中学受験をするメリット、デメリットを話す。どうやら本人も受験を辞める気はない様子。先生から、御三家を目指すなら二学期から理社も始めないと間に合わないと言われたことも話す。それもやるとのこと。私も腹をくくるしかなくなった。水・金お弁当作りだ。

 

終業式前日。夏休みの計画を立てる。

今年の夏休みは夏期講習が前半後半で16日。去年までは学校のプールだけだった予定が、お昼までとはいえ塾だけで3分の1が埋まる。中学受験するってそういうことなんだと改めて思う。そのほかパラパラとした予定を書き込む。夏期講習の分、春休みほどの勉強はしなくて良さそうだが、あとは塾の宿題量を見て決めようと終了する。

 

終業式。通知表はまあまあよかった。塾の成績はイマイチな娘も、学校ではそれなりの成績。生活態度も良いようだ。そこは褒めてあげた。今まで通知表と言っても、生活態度もさほど気にしてなかったが、受験となるとこういうとこ見られたりするのかな、なんて気になったりして…ゲンキンなもんだ。

クローバーセミナーでも言われた通り、学校の宿題に取り掛からせる。算数と国語のプリントを半分の7枚ずつを終える。

 

さぁ、夏休み。

後からバタバタと旅行の予定を入れる。娘に楽しかったって言わせられるだろうか。

 

組分け結果が返ってきた。

算数 41。

国語 49。

国語は言う通り上がってる。

だけど算数…補講もあってできてる風だったけど…。塾の休み期間にママ塾開講します。

 

 

小4 6月 組分け・統一結果

あっという間に6月も下旬。

6月は4日に全国統一小学生テストと10日に組分けテストがあった。

小学生テストは4教科で申し込んだ。理社に関しては春休みに参考書で勉強しただけだが、どんなもんかと受けさせてみる。

さて結果。偏差値で。

算数、46.8。国語46.0。ま、こんなもんかという感じ。

ところが理科、51.6。社会はまさかの59.5。

え?なんで?もしかして得意なの?いや、たまたまだろうけど…59.5って嬉しすぎるじゃないか…なぜそうなったか全く理解できないけど…あ、マークシートだからか?

ただ、塾行ってないほうができて塾行ってるほうがボロボロってどうよ?って思うのは素人考えなのだろうか。

 

組分けも返ってきた。

算数44。国語44。

相変わらずの超低空飛行。妙に納得。

 

さて、娘。相変わらずのダラダラモードの上、完全に算数の授業から帰ると、授業がまったく身についてない様子。態度の悪さを指摘すると、じゃあ塾やめればいいの?と言ってくる。

こっちも高い塾代払って、帰宅後開口一番わからないって言われるダメージったら中々のもの。日々の算数に入る前に、塾で習ってきただろうところをイラっとしながらも一から教え直す。娘もわからないっていってるところをまた教えられるもんだから気分良いわけない。完全なる悪循環。しかも見事な忘却曲線。次の日もまた一から教え直すの繰り返し。毎日同じことさせられる苦痛。これなんなの?

ダンナにもう辞めさせようかと相談すると、それでもいいけど今やめさせたら二度と勉強しなくなると思うよ、とのこと。

ですよね…うーん、どうしたもんか。

 

早稲アカクローバーセミナーに参加。本当に早稲アカの先生はお話が上手。とってもわかりやすい。ほぐされた…勉強向かえなくて当たり前なのかと納得。

上手いこと学校の同じクラスの女の子も早稲アカに入って、待ち合わせして行くようになった。なんとか塾は続けてくれそうだ。その流れで理社の4教科で夏期講習も申し込んだ。

夏休み…また春休みのように娘と計画を立ててやってみたいと思っているし、夏休みに入ればなんとかなるだろうと根拠のない自信。そこまでが我慢比べ。

娘の好きそうな韓国ドラマが始まり、それを一緒に見るためにとりあえず必死に宿題を終えるようになった。

しばらくすると算数の補習の連絡。なぜだか娘は意外にも行きたい!と乗り気。は?まったく理解できない…が乗り気なので申し込む。少しだけ救われた気がする。

早稲アカは安くはないけど、親身になって子供に対応してくれるってのをようやく垣間見れた気がする。

娘よ、とりあえず夏休みまでもってくれ。

小4 5月 組分けテスト結果

塾辞める騒動後、とくにガミガミ言わないように過ごし、ゴールデンウィークは友達家族とバーベキューに行ったり、親戚の家に一泊で遊びに行ったりして過ごす。

そんな中、YTテストを受けに。今回は私が付き添う。本人は前回と同じくらいの出来…とのこと。

上がらなかったら辞めるって話だけど、前回より下がることはまずないだろうと、あっそう、とだけ言って何もなかったようにしれーっと結果を待つ。

娘は塾にも普通に通い、宿題も以前に比べササッと終わらせるようになった。

その理由は妹に勧められたK-POPアイドル。娘も私もどハマりしてしまった。毎日動画が見たいがために娘は必死にこなしていく。学校の宿題と明日の準備と塾の宿題。途中で夕飯食べて、宿題が終われば入浴してハミガキまで終わらせる。もう後は寝るだけ!の状態にしたら、10時までは動画を見てもいいとルールを決めた。早く終わらせればそれだけ長く見ることができる。

いったい今までのダラダラとこちらのガミガミはなんだったんだ!?というくらいスムーズに進めていく。やればできるんじゃん!若干腹立つが、これはこれでよしとするか。恐るべしBTSパワー。

そんな毎日をこなすうちに結果が返ってきた。

2教科で偏差値44。

正直、もう一声!と思ったが…ま、まぁ一応、上がってはいる。

おお、偏差値6も上がってるじゃん!すごいね〜、ととりあえず褒める。

娘も、まあね、とまんざらでもない様子。

ダンナも、このまま5ずつ上がれば年度末には偏差値70だなぁ!なんて持ち上げる。

…は?何言ってんだ?持ち上げ方間違ってるよ…と思いつつ我慢のスルー。

成績も上がったってことはちゃんと身についてるってことだよ、塾も受験もこのまま続けてみようかと娘に聞くと、そうだね、やってみるとのこと。

冷静に分析すれば、前回のテスト範囲は半分がうちら親によるテスト前の叩き込みで、今回は全範囲を塾の先生に教わったからにほかならない。素人とプロの差。

38→44。依然低空飛行に変わりはないが、本人のやる気を信じてとりあえずステイ。

ダンナじゃないけど毎回5ずつ偏差値上がってくんないかなぁ。