読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

保護者会

日曜日、保護者会に行ってきました。

新年度初めてだったのでなかなかの参加率とのこと。塾長の話、教務主任の話、理科担当、社会担当の先生の話。クラスごとに分かれて国語担当の先生の話、算数担当の先生の話。

噂どおり、先生方は穏やかながらも熱い方だというのが伝わってきました。各教科の先生によってキャラが違って、お話も楽しくさすがだなぁと改めて思いました。

カリキュラムは何度か同じ内容が繰り返し組み込まれているとのこと。なので、今、完璧にできなくてもまたいずれ出てくるので気にしなくていいと。

4年生・5年生で小学校の内容を終わらせて6年生の一年間で復習と難しい問題をこなすことになる。4教科のうち、4年生ではやはり算数と国語に比重をおいて学習を身につけさせるようにしたいというお話。

1時間半の予定のところ2時間弱。先生方もたくさん話してくださり、初めての私にはとてもいい経験でした。

 

我が家としては、理社をいつから受けさせるかを考えていたのですが、今回の保護者会に参加して感じたのはやはり算数と国語の重要さ。理社はやはりもう少しあとからにしよう、と腹を決めました。

春期講習会も本当は塾生なら受けなきゃいけないらしいのですが今回はちょっとパス。おでかけも含めながら、理社のママ塾を開講しようと思います。算数と国語は復習をみっちり。

 

勉強といえば学校の宿題しかしてこなかった我が娘。家にいるほとんどの時間をテレビに費やしていたむんちゃん。それがこの2週間、家にいるほとんどの時間、塾の宿題をし、テレビも見ない。

まだ2週間だけのことなので、この先どうなるかわからないが、やはりもう少しこのままで様子をみたい。

何度か中学受験なんてしなくてもいいんだよ、と声をかけたが、本人はヤダやる!の一点張り。

まだ半信半疑だが、とりあえず、春休みは勉強と遊びを両立させよう。

そんなことを思わせてくれた保護者会だった。