読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

小4 4月

あっという間に4年生になり、気づけばもう4月も終わり。

学校も6時間授業が増え、担任の先生も変わり少しだけ宿題も増えた。

学校以外にピアノ、プール、塾2日。

塾の宿題は春休みよりこなしやすくはなり…けっこうやらせていたらしい…4月に入ってから娘に完全にペース配分をさせてみている。が毎回塾当日ギリギリまでやって急いで家を出る…のくり返し。客観的にみたら、まぁまぁよくやっていると思う。

だけど、ここ2ヶ月のストレス…娘に塾の宿題はやったの?と聞き続けることに腹が立ち、もう何も言わない!って言った後の娘のハイハイやりゃいいんでしょ的な態度も許せなくなって、結局、塾なんかやめろ!が常套句に。

完全に私、迷っている。中学受験の話を友達や母や親戚とするたびに、不安になる…このままやっていけるんだろうか、と。

あとあと辞めると言われた時に私はすんなり辞めさせることができるだろうか…そもそも彼女を突き動かす動機が全く読めない…後でやめると言われるくらいなら今のうちに辞めさせたほうがいいのでは…お金も相当かかることだし…と、いろんな感情が入り乱れてつい娘に強く言ってしまう。

 

 

とうとうその日がやってきた。ついにトドメを刺してしまった。録画したドラマを一話見終わった娘に上履きを洗うように言うのになかなかやらない…洗った後に続きを見るよう言うのに、やりゃいいんでしょ!がまた出た。

いい加減にしなさい!!!

全ての不安を拭い去るようにブチまけ、辞めるなら辞めるって言え!と言わんばかりにまくしたてた。ただ、それでもやると言ってくれるとどこかで思っていた。

でも、今回は違った。

娘が、もう辞めると言った。

東大に行きたい気持ちはあるけれど勉強がわからないところを全部覚えなきゃいけないのは嫌だと。しかも、がんばってるのかがんばってないのかわからない…と。だから辞める、と。

 

辞めると言うなら早く言ってくれ!と思って口火を切ったのは私なのに、辞めると言われると急に悲しくなった。望んだ言葉だと思っていたが、違った。やはり私は期待のほうが大きかったようだ。

それを悟られないように、辞めると言う娘に話をする。

とりあえず、次回のYTテストを受けて成績が上がらないようなら辞めることにしようと持ちかけると、娘も快諾。

 

冷静になってみると、学校の宿題しかやってこないで他は遊んだりテレビを見てダラダラと過ごしていた子が、帰るなり学校の宿題をやり、終わり次第塾の宿題。途中ご飯を食べてまた宿題の続き…お風呂に入って寝る、の毎日。

中学受験するなら当たり前だと言われるだろうが、この振り幅はなかなかなものだと思う。

この振り幅に私の方がまいってしまった。娘も成果が見えなくて疲れが出てきている。

まだ2ヶ月だけど、こうなるとは。

とりあえず次の土曜のテストまで放っておこうと思う。

束の間の猶予。