中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

小4 6月 組分け・統一結果

あっという間に6月も下旬。

6月は4日に全国統一小学生テストと10日に組分けテストがあった。

小学生テストは4教科で申し込んだ。理社に関しては春休みに参考書で勉強しただけだが、どんなもんかと受けさせてみる。

さて結果。偏差値で。

算数、46.8。国語46.0。ま、こんなもんかという感じ。

ところが理科、51.6。社会はまさかの59.5。

え?なんで?もしかして得意なの?いや、たまたまだろうけど…59.5って嬉しすぎるじゃないか…なぜそうなったか全く理解できないけど…あ、マークシートだからか?

ただ、塾行ってないほうができて塾行ってるほうがボロボロってどうよ?って思うのは素人考えなのだろうか。

 

組分けも返ってきた。

算数44。国語44。

相変わらずの超低空飛行。妙に納得。

 

さて、娘。相変わらずのダラダラモードの上、完全に算数の授業から帰ると、授業がまったく身についてない様子。態度の悪さを指摘すると、じゃあ塾やめればいいの?と言ってくる。

こっちも高い塾代払って、帰宅後開口一番わからないって言われるダメージったら中々のもの。日々の算数に入る前に、塾で習ってきただろうところをイラっとしながらも一から教え直す。娘もわからないっていってるところをまた教えられるもんだから気分良いわけない。完全なる悪循環。しかも見事な忘却曲線。次の日もまた一から教え直すの繰り返し。毎日同じことさせられる苦痛。これなんなの?

ダンナにもう辞めさせようかと相談すると、それでもいいけど今やめさせたら二度と勉強しなくなると思うよ、とのこと。

ですよね…うーん、どうしたもんか。

 

早稲アカクローバーセミナーに参加。本当に早稲アカの先生はお話が上手。とってもわかりやすい。ほぐされた…勉強向かえなくて当たり前なのかと納得。

上手いこと学校の同じクラスの女の子も早稲アカに入って、待ち合わせして行くようになった。なんとか塾は続けてくれそうだ。その流れで理社の4教科で夏期講習も申し込んだ。

夏休み…また春休みのように娘と計画を立ててやってみたいと思っているし、夏休みに入ればなんとかなるだろうと根拠のない自信。そこまでが我慢比べ。

娘の好きそうな韓国ドラマが始まり、それを一緒に見るためにとりあえず必死に宿題を終えるようになった。

しばらくすると算数の補習の連絡。なぜだか娘は意外にも行きたい!と乗り気。は?まったく理解できない…が乗り気なので申し込む。少しだけ救われた気がする。

早稲アカは安くはないけど、親身になって子供に対応してくれるってのをようやく垣間見れた気がする。

娘よ、とりあえず夏休みまでもってくれ。

広告を非表示にする