中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

小4 7月組分けテスト結果

7月は塾の行事がいろいろあった。

まずは7日、第2回クローバーセミナーに参加する。夏休みをどう過ごすかという内容だった。とにかく夏休みは楽しかった!充実していた!と実感させるようにとのこと。相変わらず、先生のお話はおもしろくて、説得力があり、あっという間だった。

娘が参加したかったと言っていたものの申し込まなかった合宿のカリキュラムも、なるほどと感心する内容だった。今年躊躇したことが悔やまれる。

 

15日は組分けテスト。本人はなかなかできたと帰ってくる。算数はさておき国語はまあまあだと。本当だろうか。

 

翌16日は個人面談。塾長面談とのことだったが希望者だけってかんじだったし、娘に受験は向いてないかも…と思っていたのでとくに申し込まずにいた。ところがハガキで面談日が送られてきた…行かないわけにはいかない模様。塾の先生と会うのは保護者会以来。個人的にちゃんと話すのは初めてなのでドキドキしながら塾へ。結構待たされたが、面談してくれたのは学年主任の先生だった。少しホッとした。

昨日の組分けの点数を見せられる。は?いつもと変わらないじゃないか。

先生曰く、うーん、算数のちゃんとできるべきところが回答してるものの合っていない…国語もじっくり考えて記入するところは飛ばしていると。言葉悪くいうと適当にやってるのかな、というところが出ている、と。

さすがだ。見抜かれてる…いや、そういうの出るんだと思った。塾に通い始めてからのこれまでの経緯を話す。今も惰性で通っている、と。

先生からは、夏休みに向けて中学受験についてじっくり話し合って、とりあえず目標を決めるようにとのこと。そうでないと、目標と現状の差の比較ができないので前に進めないと。おっしゃる通り。娘と再度きちんと向き合わなきゃな、と思っていた。

 娘と中学受験について話し合う。再度、中学受験をするメリット、デメリットを話す。どうやら本人も受験を辞める気はない様子。先生から、御三家を目指すなら二学期から理社も始めないと間に合わないと言われたことも話す。それもやるとのこと。私も腹をくくるしかなくなった。水・金お弁当作りだ。

 

終業式前日。夏休みの計画を立てる。

今年の夏休みは夏期講習が前半後半で16日。去年までは学校のプールだけだった予定が、お昼までとはいえ塾だけで3分の1が埋まる。中学受験するってそういうことなんだと改めて思う。そのほかパラパラとした予定を書き込む。夏期講習の分、春休みほどの勉強はしなくて良さそうだが、あとは塾の宿題量を見て決めようと終了する。

 

終業式。通知表はまあまあよかった。塾の成績はイマイチな娘も、学校ではそれなりの成績。生活態度も良いようだ。そこは褒めてあげた。今まで通知表と言っても、生活態度もさほど気にしてなかったが、受験となるとこういうとこ見られたりするのかな、なんて気になったりして…ゲンキンなもんだ。

クローバーセミナーでも言われた通り、学校の宿題に取り掛からせる。算数と国語のプリントを半分の7枚ずつを終える。

 

さぁ、夏休み。

後からバタバタと旅行の予定を入れる。娘に楽しかったって言わせられるだろうか。

 

組分け結果が返ってきた。

算数 41。

国語 49。

国語は言う通り上がってる。

だけど算数…補講もあってできてる風だったけど…。塾の休み期間にママ塾開講します。