中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

小4 9月

夏休み明けの2日、早速組分けテストがあった。娘は思ったよりはできたかな、とのこと。

今回は郵送で結果だけ先に送られてきた。やはり…というより思った以上に悪い。

算数41、国語44、理科45、社会35

社会の偏差値…確か本人は手応えあり的なこと言っていたような。全体的に相変わらずものすごく悪い。ダンナは見るなりヒドイ、とひと言。基本、ま、いっかと流す性格の娘自身もこの結果には少しガッカリしている様子。

私はもちろん、この結果は…と思ったが、そんなことよりもっと本気で取り組まなくてはと思った。下克上受験のおかげか、落ち込んでる場合ではない、これからだと思った。

ところが、新学期に入れば入ったで夏休みのしわ寄せが来た。学校から帰り、学校の宿題と音読、次の日の学校の準備をしてから塾の宿題。途中夕食を取りまた塾の宿題の続き、寝る前にお風呂に入らせる…の毎日。

娘も私もイライラ。娘は4教科分の宿題がやってもやっても終わらないし、テレビが全く見れずにイライラ。私は宿題を監視しつづける上に、夕方のお弁当作りの時間配分がうまくいかずにイライラ。イライラとイライラのぶつかり合い。悪いスパイラル。本当に塾を一度辞めさせようかと思った。

そうこうしているうちに、そろそろ文化祭・学校説明会の申し込みの時期。行ってみたい学校をダンナに報告。ダンナはすべり止めと言われるところも幅広く見ておけば?とのこと。

私としては、今年は目標となるべきところだけに行きたい。目指す高みを見て、娘がどう感じるかを確認したい。とにかく受験するならここ!という学校を私自身も感じたい。甘いのかもしれないけど、夢みたっていいじゃないか。どうせ、申し込んで連れて行くのは私なんだし。

塾の日のお弁当作り、宿題のペース配分、娘のコンディションの把握…そうか、やっぱりマネージャーだ。

態度の悪い選手にいちいち腹を立ててる場合じゃない。なんとか選手がやる気になるよう仕向けなければ。

外野にガヤを言われてブレてる場合じゃない。選手の耳に悪い情報が届かないようにしなくては。

宿題終わらなくたっていいじゃないか。それよりもどれだけ身についたかではないか。もっと長いスパンを考えて育てなくては。

選手の可能性を信じてコントロールしていくしかない。マネージャーは試合には出れないのだから。

とりあえず、超難関校、数校を視察してこよう。