中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

小4 1月

冬期講習も4日から始まり、終わったと思ったら始業式…と慌ただしい年明けとなった。とにかく学校の冬休みの宿題をすぐに終え、書き初めの宿題も年末に終わらせた。冬期講習後半までの宿題もとにかくやらせ、通常授業までの宿題も前倒しでやらせた。

前倒しのクセがついたのか通常授業が始まってからもなんだかスムーズに進んだ。今回の組分けいけそうじゃない?と余裕でいたら、まんまと流行にのりインフルエンザをもらってきた。受験シーズンの天敵。今までは受験前にもらってこないように学校を休ませる…ということに対してそこまでやるのもどうなの?なんて否定的に思っていたが、いやそれもアリかも…と初めて思った。たくさんの時間とお金をつぎ込んで本番の試験を受けさせることができないなんて悲しすぎるではないか。自分のことならまだしも、子供のこととなれば話は別だ。ちなみにむんちゃんは去年も全く同じ時期にインフルエンザにかかっている。どこでもらうかわからないけど、来年はあらゆる予防策を講じてみなくては。それでももらってしまうようならそれこそ本番の冬は休ませるということも考慮すべきなのでは…とさえ思った。

そんなインフルエンザ後に受けた組分け結果。

算数42 国語47 理科50 社会47

ウソでしょ…今回が年度末。偏差値50には届かなかった。インフルエンザにもなったし、目標値ってことだったし…と自分に言い聞かせる。上がって下がって下がったままってやばくない?という思いをかき消すように…。

隔離状態にした4日間はダラダラとテレビを見続けて過ごしていた。ま、病気の時くらいは休ませようとそのまま放置してみた。塾に通いだしてから土日しかテレビを見ていなかったせいか、ここぞとばかりに見まくっていた。

勉強しない4日間どうだった?と聞いてみると頭使わないからかヒマで眠れなかった…と。良いのか悪いのか一度受験勉強をかじってしまったら、元の学校の宿題だけだの生活では退屈に感じてしまうのだろう。そうとなれば、あとは黙々とやるだけなんだけどなぁ。

2月から新学年で塾が2日から3日に増え、土曜YTも受講させる…というなかなかのハードスケジュールを課すことになる。その前のいい休息になったと思うことにしよう。

スケジュールを見越して秋口から話していた通りスイミングをやめることにした。ピアノはどうしても続けたいと言うし消去法でスイミングを辞めることにしたのだが最後のテストを受けて帰ってきた夜にコーチから連絡があり、4泳法マスターするまで続けませんか?と言われる。そのことを話すと案の定本人はやりたいと涙ながらに懇願。ああ、話さなきゃよかった…と思いながら、とりあえず一度退会して様子を見ようとなだめる。…塾が始まればそんなこと言ってられないだろうけどね。

受験って本当に忙しい。