中学受験どうでしょう?

2017年に小4になる長女の中学受験を考え中。

新小5 2月

2月は塾の新学期。思えば去年の今頃はそんなことすら知らなかったわけだが、新小5と言われて、そっかあと2年ないんだと実感する。2年後の2月1日には試験を受けているわけで。

あと2年あると思うかあと2年しかないと思うか。

新小5になり塾が週2日から3日となった。水・金に加えて火曜日。カリキュラムは算国・理社・算国。帰りの時間も15分程遅くなった。

宿題は今まで4年生の時にやっていた各教科の日々シリーズがなくなったせいかなんとなく少なくなった気がする。宿題終わってるから塾の前にお友達と遊んでから…なんて日がチラホラ。また去年のように問題集一冊スルーしてるんじゃないかしら…本人は宿題が大変になったというけど…そう見えないのはなぜだろう。

考えてみると塾が週3日になったことで宿題を監視する日が1日減り、それがこちらとしては精神的にすごく楽に感じる。その分お弁当が1日増えて負担だけど。

塾の新学期が始まってすぐ理社の担当の先生からそれぞれに電話がきた。去年までとは違う先生になったとのこと。宿題のペースはどうですか?と確認された。今まで保護者会や個人面談で話すことはあったが先生から電話をもらったのは初めてだったので、びっくりした。電話を切った後、5年生になると塾のもてなしも良くなるのかしら?と思った。うれしくもあり、今後なんかあっても気軽に電話させてもらおうと思えた。

 

そして、この2月から土曜YT教室を受講させることにした。その週に勉強した内容のテストを毎週土曜に受けに行くというもの。受け終わったその場で算数と国語の解説授業もやってくれて、この週テストの5回に1度の総合回がいつも受けている組分けテストに当たる。

ダンナも私もそれぞれに塾の保護者会や説明会に行き、やはり受けさせた方が良さそうだという結論に達した。週ごとに確認テストを受けるということが、理解度を深めるという点においてはあの莫大な宿題をやるよりも効果がある、と先生方はいうのだ。ちらっとのぞいた先輩保護者のブログでもこの週テストは受験勉強の中で一番効果があったと書かれていた。

このYTに登録すると結果は四谷大塚ネットで受けた3日後の夜には見ることができるようになる。テスト問題はAコース・BCコース・Sコースと3種類あるらしく、コース変更は組分けテストの結果によるとのこと。

我が娘むんちゃんはAコース。このコースの教室があるのは電車で5駅行ったところ。コースが上がると家から反対に4駅行ったターミナル駅になる。当のむんちゃんは一番仲良いお友達が行かないということもあり、若干テンション低いかんじで出かけて行ったが同じ教室の他のお友達と一緒だったこともあり機嫌よく帰ってきた。

週テストの結果を見てみると、どこができていてどこができていないのかというのが全て出てくる。国語の記述も正解でなくても数点もらえる、算数の難しい問題も一問解けている、社会の日本の漁業のところが弱い、理科の風に関する問題が理解できてない…など組分けまでに見直すところも拾うことができる。本人も今までは月に一度の結果に一喜一憂&一怒していたが、週テストの結果はかなり冷静に見て分析できるようだ。これなら親としても客観的にできるところはほめて、できないところを補うということができそうだ。なるほど、宿題こなすよりも効果があるとはこのことか。

そんなこんなで新小5の2月はスタートした。

来月は保護者会やら入試報告会を終えると組分けテスト。月末にはお弁当持参の春期講習がある。いよいよ本格的に始動かな。